VRChatが動くパソコンスペックは?

このページでは「VRChatを動かせるスペックってどのくらい?」という初心者の方にありがちな疑問の解決向けになります。

先に結論を

結論から言うと、以下の通りになります。
もちろん賛否ありますが、筆者の主観で掲載させていただきます。
※VR軽量 … Oculus RiftSやOculus Quest(Oculus Link)など
※VR重量 … Valve IndexやHTC Vive Proなど

表内では比較的新しい世代のCPUで掲載していますので、古いCPUを使っている方は同等のスコアのCPUと比較していただければ問題ないと思います。

パーツ名デスクトップVR軽量VR重量
CPUCore i3-8100Core i5-9700Kcore i7-9700K
GPU内臓GPUGTX 1060 (3GB)
Radeon RX 590
RTX 2070 Super
Radeon RX5700 XT
メモリ8GB16GB32GB
電源200W~500W~750W~

上記は最低限このくらいは必要と思われるスペックですので、スペックに余裕があればそれだけ動いてくれます。

ここに載っていないマザーボードの種類やメモリのクロック数などはあまり重要ではありません。

デスクトップモードだとどのくらいのスペックが必要なのか?

筆者は現在のメインPCを使い始めるまでは「Core i3-8100/内臓GPU/36GB/200W電源」という軽作業向けサブPCでプレイしていました。

また安価なノートパソコンも持っていて、こちらは「Core i3-8145U/内臓GPU/12GB」という環境でプレイ出来ました。

ただ、いずれも少人数かつ軽量なワールドでも30FPS程度しか出ませんし、重たいワールドや大人数のインスタンスに行くとマトモに動きません。

快適に動かそうと思うと、やはりVRReadyまでは行かなくてもそれくらいのスペックは必要になってきてしまいます。

「雰囲気を楽しむ」「仲間内で少人数で遊ぶ」程度であれば、そこまでのスペックは必要ないと感じます。

じゃあVRでプレイするにはどのくらいのスペックが必要?

これは使用するVR機器の性能にも左右されます。
先の結論に書いてある通り、Oculus社の軽量なVR機器であれば「GTX 1060 Ti」や「RTX 2060Super」などでかなり快適に動きますが、Valve IndexやVive ProなどのハイエンドHMDにはちょっと厳しいです。

逆に「Radeon RX 5700XT」や「RTX 2070 Super」などのハイエンドグラボであればそれなりに快適に動かせることができます。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク