アバター導入方法 Step.3

この章ではVRCSDKのダウンロードとUnity本体のインストールについて解説を行います。



Unity本体のダウンロードとインストール

公式ドキュメントの「Current Unity Vertion」の下にある「Click here to install the current version of Unity via Unity Hub」のリンクをクリックして、インストール済みのUnitu Hubに指定バージョンのUnityをインストールします。

現時点では【Unity 2019.4.31f1】が指定バージョンです。

指定バージョン以外のバージョンをインストールしてアバターなどをアップロードしても、VRChat上では使用できませんので注意してください。

ブラウザによって表示は異なりますが、Unity Hubを開くかどうか聞かれますので「Unity Hub を開く」をクリックします。

すると、Unity HubでUnityのインストール画面が自動で表示されます。
Quest対応のために「Android Build Support」のチェックを入れたままにしておくことを推奨いたします。
その後「次へ」をクリックします。

Visual Studio 2019のライセンス確認ウィンドウが出ますので、チェックを入れて「インストール」を押します。

問題なければインストールが始まります。

※インストールに失敗した場合は「🔄」マークをクリックすることで失敗した部分から再開できます。

「インストールが完了しました」と出ましたらUnityHubに「2019.4.31f1」が認識されます。

以上でUnityのインストールおよびUnityHubの設定は終わりです。
お疲れさまでした。
次の章でVRCSDKのダウンロード・インポートとアバターのアップロードに取り掛かります。

Step.4 ▶ VRCSDKのインポート・アバターのアップロード